日本は避けられやすい

  • 日本ではタトゥーが嫌われてしまう、このようなイメージを覚えている人も多いのではないでしょうか。
  •  
  • しかし、世界を見てみると、自らの誇りを表現するものとして、強い意志でタトゥーを入れている人もいて、中には有名人などでも堂々とタトゥーを入れている場合もありますし、それを極端に非難する例も日本に比べると圧倒的に少ないのではないでしょうか。
  •  
  • この日本人のタトゥー嫌いについて、新しい文化を取り入れるのが嫌だから、このような単純な理由で成り立っているというわけではありません。 実は、日本にもタトゥーと似たような文化があって、特定の人達が好んで入れる刺青、さらに歴史をたどってみると、古くは江戸で罪人を示す証として刺青が入れられていたこともあるのです。
  •  
  • このような歴史が、少しずつ変化をしていき、現在の日本人のタトゥー嫌いに行き着いたといえるのではないでしょうか。 そのため、このような歴史を知って、日本においてはタトゥーが忌み嫌われる可能性も高いということを把握しておかなければならないのです。
  •  
  • 特に最近はファッション感覚でタトゥーを入れるような人達が増えてきていますので、タトゥーの背景にはこのようなものがあるということを知っておかなければ、手痛い失敗をすることになってしまいます。 一度彫ってしまうと、手軽に着脱できるというものではないため、しっかりと本当に入れる必要があるのか、これを考えてから入れるようにしたいものです。